バリアフリー現状・バリアフリー問題点・バリアフリー課題・バリアフリー対策・バリアフリーまちづくり・トガキクヨ・ドットコム

 

||| 2006.11.15 南海電車堺東駅周辺
御堂筋線中百舌鳥駅から、南海電車堺東に行きました。
駅前は、放置自転車禁止区域のはずです。しかし、自転車で埋め尽くされています。
銀行、百貨店、電鉄の管理のところが、放置自転車で埋め尽くされています。
一応有る歩道も、自転車で埋め尽くされています。
車椅子使用者は、一体どこを通ればいいのでしょうか?

警告文前の放置自転車の写真
歩道上の警告文前の二十駐輪の放置自転車
歩道の両側の放置自転車の写真
高島屋周辺の歩道の両側の放置自転車

平らな広いはずの歩道は、二重駐輪の放置自転車で埋め尽くされ、傾斜部分の狭い危険な歩道しか通行できません。その上、自転車に乗ったままの通行が可能です。

放置自転車の警告文の写真
高島屋入り口の放置自転車の警告文
点字ブロックの上に置かれた赤いコーンの写真
高島屋入り口の点字ブロックの上に置かれた赤いコーン

バイクや自転車に対する警告文の前に、堂々と止められているバイクと自転車。
モラルを疑いたくなります。
その上、高島屋入り口には、点字ブロック上に赤いコーンまで置かれています。
視覚障害者、車椅子利用者は、一体どこを通ればよいのでしょうか?
通っていると、猛スピードで来る自転車。止まろうともせず、弱者によけさせて大きな顔で走り抜けて行く。

点字ブロック上の放置自転車の写真
高島屋の入り口前の点字ブロック上の放置自転車
間違った貼り方の点字ブロックの写真
横断歩道前の間違った貼り方の点字ブロック

横断歩道前の歩道には、点字ブロックが張り詰めてある。
直進と停止の点字ブロックが混在してある。
これでは、視覚障害者は歩けないだろう。
これは、間違った貼り方の見本のような点字ブロックの張り方である。

間違った身障者用トイレの写真
間違った身障者用トイレ
バスターミナル付近のスロープの写真
バスターミナル付近のスロープ

間違った身障者用トイレ。新バリアフリー法にもこのようなトイレは有り得ない。
その上手洗いは、床から30cmの位置に有りました。使えないトイレの代表です。
バスターミナル付近には、一応スロープはあります。点字ブロックもありますが、
身障者用の車両が止められる指定場所がありません。
ここを通るのは、殆どが荷物を載せた台車ばかりでした。

堺の住人は、高齢者も障害者も、ベビーカーを押している方も安心して通ることの出来る歩道は無いようだ。
歩道では、ティッシュを配る金融業者のダンボールが山積にしてあり、その前でティッシュを配っている。
自転車は我が物顔で走っている。歩道の段差は危険な切りかき状態。グレーチングは広い幅。
車椅子の方は、人をよけながら、自転車をよけながら、危険な段差を上がらなければならない。
バリアフリーとは、縁の無いところのようだ。
しかし、そびえ立っている市役所の周辺には1台の自転車もない。
早速、申し入れに役所に入ると、エレベーターは健常者優先。職員優先のようである。
エレバーターの中には、間違った位置に鏡がつけてある。
やはり、バリアフリーとは無縁のところのようだ。

>>   

  
お問い合わせ
 
 
▲このページのTOPへ
トガキクヨ・ドットコムのTOPページへ
copyright 2006 プチハウスななAll rights reserved.