バリアフリー現状・バリアフリー問題点・バリアフリー課題・バリアフリー対策・バリアフリーまちづくり・トガキクヨ・ドットコム

 

||| 行政支援一覧
バリアフリーやユニバーサルデザインの街づくり。
行政に対して、気が付いていない事をアドバイスしております。
気が付いていないから出来ていない事があります。
声を挙げることからしか始まりません。
声を挙げ続けることの大切さ。
少しづつですが、変っていくと思います。
西淀川区役所周辺の美化
西淀川区役所周辺の美化の写真

西淀川区役所周辺の美化
放置自転車がなくなりました。
本来有るべき姿になりました。
ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。


大阪市庁舎身障者用トイレ
  

大阪市役所庁舎管理課に身障者用トイレの緊急非常ブザーの点検を申し入れました。
全トイレ点検の結果、不具合が見つかり修理改修したようです。


大阪市西淀川区
西淀川区役所放置自転車の写真

西淀川区長に,区役所周辺を車椅子体験して頂きました。
区役所周辺の危険度を認識して頂きました。
今後、西淀川区は変わっていくでしょうか?


堺市『車椅子体験』
  

3月23日堺東駅前で「車椅子体験」実施
堺市に放置自転車対策の企画を出しました。
企画:LLPユニバーサルデザイン社会・NPO法人さかい市民ネット
参加:堺市・堺北警察署・南海電鉄・高島屋


大東市『車椅子体験』
  

2月21日大東市役所職員「車椅子体験」実施
初めて、車椅子での通行が危険であることを認識されたようです。


阪神千船駅前『さわやかキャンペーン』実施
  

10月2日から阪神千船駅前で
「さわやかキャンペーン」が実施される事になりました。
放置自転車は、駐輪場に収まりました。
大阪市が、歩道を造ると完成です。
大阪市は、自転車が無くなると思っていなかったので、計画していなかったようです。
来期の予算で、ここに安全で安心して通る事のできる歩道が完成する予定です。
買い物客の駐輪場も完成する予定です。


『西淀川区自転車対策検討連絡会議』設立
  

西淀川区の自転車問題を考える連絡会が設立されました。
私は、オブザーバーとして出席。
約10分のプレゼンを行ないました。
活発な意見交換をしているのは、大変良い事だと思います。
住民も自分たちの町を行政と一緒に考える時代になったと思います。
今後の報告も行ないたいと思います。


大阪府庁舎中庭駐車場
大阪府庁舎中庭駐車場

大阪府庁舎中庭駐車場には、指定車と言う場所があります。
指定者とは、公用車、議員の車、たった1台の身障者用駐車場です。公用車を使う方も、議員さんも福祉を前面に出していたはずなのに、福祉はどこに行ったのでしょうか?身障者用駐車場から府庁舎まで行くのに階段ばかりの歩道橋しかありません。信号と信号の真ん中のところに駐車場の出入り口があります。車椅子の方にどうしてこのような優しくない現状が出来たのでしょうか?言葉だけの福祉は必要ないのです。現状をご理解頂きたいと思います。現在申し入れを致しております。


静岡県熱海市
静岡県熱海市

熱海のバリアフリーを考えて欲しいと、国土交通省と静岡県、熱海市に申し入れをしておりました。
’06.4.26現地調査を静岡県庁、熱海市役所の方々と一緒に考えました。本のチョットしたことに気がつかなかったようです。最小限の支出で出来る事と、ここだけは予算が必要です。と言う事を分けて考えて行かないと実現できません。福祉バスには予算が必要です。福祉バスが走ることを楽しみにしています。


放置自転車
放置自転車

放置自転車禁止区域に於ける放置自転車対策プロジェクトの第1回の会合がようやく5月19日に区役所で行なわれます。
声を挙げて1年以上かかりましたが、大阪市、区役所、警察署、国土交通省、JR西日本、大阪市交通局、阪神電鉄、スーパー、小売店、自治会、障害者団体等一同にそろって考えて行くことになりました。
皆で一緒に考えると言う事の重要性をご理解頂きたいと思います。主張ばかりでは解決しません。一歩譲って考える姿勢が街づくりの基本だと思います。弱者にとって良くなると言う事は誰にとっても便利になると言う事です。明日は我が身と考えてみると直ぐに解決できると思います。


マイドーム大阪
マイドーム大阪

マイドーム大阪に身障者用駐車場新設。
案内表示も充実されました。
以前は、公用車の駐車場でした。


西淀川警察署
西淀川警察署

西淀川警察署には、急坂をスロープに変えインターホンまでの誘導案内も見やすくなりスロープには手すりまでつきました。スロープには、光る『国際シンボルマーク』屋外用ソーラータイプも設置され、緊急時や災害時にも光を放ってくれ大きな威力を発揮してくれる事でしょう。
誰にとっても安心・安全なところになる事でしょう。


神崎川両岸防潮堤鉄扉のレール溝埋め新設
神崎川両岸防潮堤鉄扉のレール溝埋め新設

神崎川には、防潮堤鉄扉のレール溝が有りました。その溝は大きく車椅子の方にとっても、高齢者の歩行器にとっても、バギーを押している方にとっても、自転車に乗っている方にとっても危険な状態でした。
その溝をゴム製パッキンで埋めて平らになりました。これは危険な事が解っていたのですが、放置されておりました。どのように危険を回避するかと言う事に気がつかなかったのでしょう。声を挙げてから完成するまでに9ヶ月要しました。
もう少し素早い対応が欲しかったと思います。


  


  
お問い合わせ

 
 
▲このページのTOPへ
トガキクヨ・ドットコムのTOPページへ
copyright 2006 プチハウスなな All rights reserved.